なでしこきものサロン どうぞお気軽にお問い合わせください
メニュー
ホーム
冠婚葬祭着付け
着付け教室のご案内
プロフィール
お問い合わせ

どうぞお気軽にお問い合わせください
なでしこきものサロン

11/1より、準備中のため、恐れ入りますが、お問い合わせのご連絡は03-3456-2050
※移動教室、出張は予約受付中

プロフィール



なでしこきものサロンの概要

  • 営業品目
    着付
    着付教室
    和文化なんでもセミナー
    ハコセコ研究

  • 所在地
    11/1より、準備中のため、恐れ入りますが、お問い合わせのご連絡は03-3436-2050
    ※移動教室、出張は予約受付中

    【 営業時間・休業日 】
    年中無休・受付随時

  • なでしこきものサロンのブログは只今準備中です


  • photo

なでしこきものサロン代表者 清水国子(本姓 杉本)プロフィール

  • 主な創作活動

    1996年3月 山岡鉄舟ゆかりの料亭二葉(文化財・小川町)にて実演と講話「仏教ときもの」
    1999年11月 銀座ギャラリーマキシムにて「第一回創作帯結び個展〜帯結びの美は滅びの美〜」開催
    後援:社団法人ジャパンインターカルチャー
    1999年12月 お江戸日本橋亭ゲスト実演講話「大正ロマン」
    2000年9月 新宿京王プラザホテル画廊企画にて「第二回創作帯結び展〜輪廻転生 童うた〜」開催
    後援:社団法人全日本仏教婦人連盟
    2000年9月 『帯の来た道』−文化 こころと帯結び−刊行(美術倶楽部 発行)
    2001年5月 フランス北部サンタマン・レゾー市主催「水と日本フェスティバル」に公式招聘され、プチ・シャトーL'Echevinageにて「第三回創作帯結び展と着付け・着物ショー開催
    後援:トヨタフランス、トヨタモーターマニュファクチュアリング・フランス
    2001年10月 銀座藤屋画廊にて「第四回フランス帰国記念創作帯結び展〜北仏の花嫁〜」開催
    後援:フランス大使館他
    2002年4月 銀座松屋デパートにて、四回にわたり着付け・帯結びショーを開催、及び作品展示
    2002年9月 トヨタ自動車株式会社、北米ディーラーカウンシルトリップにて、創作帯結びによる会場デコレーションを担当。
    ★すべては1本の糸からはじまった 発生させる。
    〜トヨタサキチの精神を結ぶ〜
    名古屋マリオットアソシアホテル内会場にて、「第四回創作帯結び展〜Welcome to Japan〜」を展示
    2003年2月 新宿京王プラザホテル、画廊企画にて「第六回創作帯結び個展〜童の春〜」開催
    2003年6月−7月 新宿京王プラザホテル「源氏物語 宿命の恋」協力とホテル内全体空間ディスプレイ
    協力:瀧村美術工芸 他
    2003年7月 靖国神社にて慰霊の帯結びをディスプレイ
    2003年10月 トヨタ自動車株式会社、世界大会にて、米州晩餐会会場空間ディスプレイ
    特別セミナー講師(シンガポール)への記念品製作
    作品帯結び名 -カリフォルニアの青い空-
    2003年12月 学校における先生と生徒の着物ショー、及び区立小学校にて「北仏の子供ときもの」授業を行う
    トヨタ自動車北米熱血部隊のため仮装大会(一年おつかれ様!)実演を行う
    子供達のための「クリスマス イン きもの」を行う
    2004年11月 トヨタ自動車株式会社メキシコディラートリップにて、着付け実演及び晩餐会会場デコレーション
    2005年4月 銀座藤屋画廊にて「輪廻転生・母と子の春」開催
    後援:社団法人全日本仏教婦人連盟
    2006年 カナダトヨタ新社屋にて、創作着物「妖精」装飾展示、前社長富川氏により「風の盆」命名
    2006年10月 ボリピアトヨタ設立25周年式典会場にて贈呈着物展示
    2007年6月 法政大ゼミのための実演・講話収録(日本の歴史、創作帯結び)
    ヴァテマラ国の文化ときもの 収録
    2008年3月 トヨタ自動車株式会社主催 教育イベントウェルカムレセプション会場にて展示(SAKURA)
    (アフリカ・中南米・シンガポール等、15代理店参加)
    2009年10月 銀座藤屋画廊 「第八回創作帯結び展〜輪廻転生<初恋>〜」
    協力:池田重子氏
    銀座藤屋画廊 <姫のハコセコ懐中の美展>開催
    書家 榊莫山氏より祝詩賜る
    2009〜2010年 海外文化交流において、ベストドレッサー賞等
    担当:MAI
    2012年7月 アジアアラブ和文化研究所駐在企画
    日本⇔スリランカ国交60周年行事
    -コロンボ-
    2012年12月 アジアアラブ和文化研究所駐在企画
    白の世界観・日本の和紙について
    講師:イギリス人
    ゲスト国:イタリア、フランス、イギリス、インド、スリランカ、アメリカ、カナダ、エジプト、レバノン、シンガポール
    -ドバイ-
    2013年春 アジアアラブ和文化研究所と日本とのコラボレーション
    2020年ドバイ万博、日本五輪まで(よいところ発信)ードバイー
    2014年夏 アジア・アラブ和文化研究所
    やさしく小さな文化交流
    (日本の夏をブルネイへ)ードバイー
    2015年4月,5月 銀座藤屋画廊にて「清水国子展《姫の招待状》ーいにしえの姫が撫でた箱ー」開催
    冊子本「いにしえの姫が撫でた箱」発行
    著者:杉本 国子
    編集長:杉本 倭子
    協力:杉本 舞
    2015年12月 「ベリダンスジャパン」雑誌
    「未来へのタカラモノ」ラジオ など
    ードバイー
    2016年1月20日 ドバイ政府公認ライター及びドバイプレスクラブ会員となる
    ードバイ・舞スーリァー
    2016年1月 アジアアラブ和文化研究所
    ドバイ⇔マレーシア⇔日本と活動を広げる
    ードバイ・舞スーリァ・代表ー
    2016年 浴衣セミナー アラブアジア和文化研究所
    2016年12月 小さなセミナー「やまとう たから現代の恋」日本 浜離宮
    2017年3月 海外拠点の移動
    日本文化紹介に力を注ぐ
    アラブ文化の紹介 等々
    2017年3月〜4月 講演「光源氏 晩年の悲しみの行方」そして「三島由紀夫と折口信夫の事」
    高橋文二名誉教授(駒澤大学) 企画 日本なでしこきものサロン


  • 創作帯結び数
    約1,200作 実演回数:約95回


  • 美術家としての作品
    「チューリップの歌」「乙女達」「その娘二十歳」「瑞穂」
    「巡礼お鶴」「良寛と莫山」「田中忠雄居士絶筆〜三代へ〜」
    ※美術家名鑑掲載より

    ◆帯造形作品はこちら


  • その他の活動
    ・アークヒルズ全日空ホテル、京橋会館、ホテルニューオータニ、浜離宮、増上寺、靖国神社、
    大正記念館、芝大神宮、新橋演舞場別館、青山フロラシオンホテル、竜馬の会、
    広尾羽澤ガーデン等で文化行事を企画、主催
    ・世界各国の企業研修生、留学生、大使館関係者に文化交流として着付け体験、講習
    ・和装品収集と保存に努め、形に籠もる文化と想いの重要性を伝えている
    ・洋画家 (箸方 たみ氏)
    和装モデルを数十点〜百点行う
    ー画伯ー 個展 数度 発表(女の四季:銀座)
    ・音韻学 (飯田利行氏)代表作ー耶律楚材(文化賞受賞)ー
    原稿より関わり
    祝賀・事務局長を努めるー東京会館ー各地講演会等に杖持、雑務をすー
    ・美術鑑定セミナーを靖国神社茶室おいて数度企画する。



  • ・田中忠雄氏 (宗教哲学(京大) ←西田幾多郎氏直門下  沢木興道直弟子禅人)
    代表作 「沢木興道この古心の人」
    ・林文照氏 (宇治黄檗山萬福寺 第五九世、沢木興道直弟子)
    代表作 「生死の一大事」
    ・五十嵐義三氏 (日本弁護士会副会長及、北海道弁護士会理事長)

    御指導頂いた先生
    ・古川純一氏 (山岳界の人) 代表作 超古代地名解
    ・高橋文二氏 (王朝文学の人) 代表作 王朝まどろみ論
    ・田島照久氏 (宗教哲学の人) 代表作 ドイツ神秘思想マイスターエックハルト
    ・日本着物創作研究協会及、ヘアメイク牧野厳氏


  • 美術家としての作品
    「チューリップの歌」「乙女達」「その娘二十歳」「瑞穂」
    「巡礼お鶴」「良寛と莫山」「田中忠雄居士絶筆〜三代へ〜」
    ※美術家名鑑掲載より

    ◆帯造形作品はこちら


  • 著書
    「帯の来た道」(平成23年 再版)
    文化・こころと帯結び
    カラーページあり
    【申込先】なでしこきものサロン TEL:03-3363-1810

    ◆他【論文・エッセイ】
    中外日報社、靖国神社、社団法人全日本仏教婦人連盟、大田文化の会 等

    ◆主な活動 掲載新聞社
    中外日報社、朝日新聞社、北海道新聞社、産経新聞社、読売新聞社、フランスの新聞社、他




ハコセコの研究

代表 清水国子(本姓 杉本)はハコセコに焦点を当てた専門的な研究の第一人者となるべく、江戸期から戦前までのハコセコ・懐中物の研究に努めております。

ハコセコの文字・意味・用途を、あらゆる角度から研究し、まとまりました。
※冊子、27年個展会場にて。
永年にわたる研究への御協力ご尽力を頂きありがとうございました。

この国、いえ、世界に今、夢が必要です。今は過去よりやってきて、今は未来へと向かっています。

時代に翻弄されながらも、残ってきた美しきもの、儚きもの、をご覧頂く企画を今後も続けたいと願っております。


はこせこ
― はこせこ 江戸〜明日へ ―

◎冊子本「いにしえの姫が撫でた箱」についてご希望の方は直接ご連絡いただけますようお願い致します。

著者:杉本 国子
編集:杉本 倭子

協力:杉本 舞
・アジアアラブ和文化研究所代表
・ドバイ政府公認ライター



江戸期はこせこ

大葉子の歌
上代日本女性・つきのいきなの妻

短刀に見立てた茶道具
[故山ア如悦作]
土台:竹の根 布:白布
帯:ハコセコ紐

 

photo
「書家 榊 莫山氏より」
photo photo
モデル:当室 倭子(13歳時)
モデル左下:江戸期 ハコセコ 懐中物

清水国子 創作帯結び展〜輪廻転生<初恋>〜
<姫のハコセコ懐中の美展>より
  日本で初めて「ハコセコ」に焦点を当てた展示会です。


このページのトップへ
ホーム冠婚葬祭着付け着付け教室のご案内プロフィールお問い合わせ
Copyright All Rights Resaerved.